2009年01月27日

受験の結果

すべての受験が無事終わりました。

土曜日は、雪も降り、朝は道路が凍って、市内では、あちこちで事故がありましたが、なんとか、無事に着くことができました。

結果は、第1志望の学校はダメでしたが、他の3つの学校からは、合格通知をもらうことができました。

1つは、共学の私立校。あとの2つは、女子校です。
次女は、最初から、「共学がいい。」と言っていたので、
第1志望の共学がダメだったら、共学の私立に行くことを決めていました。

ただ、女子校のうちの1つは、レベルの高い学校で、国立の学校に受かっても、その学校に行く人がいるほど。。。
一方、共学の私立校は、最近、人気の出てきた学校で、去年、校舎をたてかえたばかりの学校です。
歴史的には、女子校のほうが上で、イメージも上なので、年配の方には、女子校よりその共学の学校を選ぶのは、信じられないようです。

主人は、何も考えずに義母に報告。
共学の学校に行くと、「どうして!?」と問い詰められ、
その後、本人に電話で、女子校に行くように、懇願。

次女が、
「おばあちゃん、駄々っ子みたいに、お願いするんよ。違う1面を見たわ。」
主人は、「お願いされても、学校に行くのは、子どもだし。」と淡々。

その後、教師をしていて、進路指導などをしていた親戚からも電話があり、
「大学の進学率は、女子校のほうがいいんだ。。。」とすごい剣幕。

次女も、そこまで言われるとは思ってなかったようで、少し、気持ちが揺らいでいましたが、本人の意思は、「共学に行きたい。」という気持ちだったので、気持ちは固まったようです。

子どもの気持ちが一番と思いつつも、少しだけ、もったいないな〜という気持ちがあるのも事実。なかなか、手ごわい学歴主義。

今日は、義母のところに行かないといけません。
あ〜、憂鬱です。。。
posted by ハナミズキ at 09:14| Comment(12) | TrackBack(0) | 次女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 お早うございます。
そして、嬉しいお知らせ有難うございます。
春の気配が近づいて来るのが
嬉しいです。
お嬢さん、お疲れ様でした。
支えた家族の皆さんも
無事終えて、良かったです。
 今朝、ある方の
「あなたが、主人公です。」を
読みました。本当ですね。
ハナミズキさんの文章読んだら
又、シミジミ思いました。
これから、忙しいですね。
有難うございました。
Posted by ちよこ at 2009年01月27日 10:46
次女さんの中学受験に思わず ロム専からでてきちゃいました・笑
次女さん 進学おめでとうございます 自分で自分の意思を表現し 周りに左右されることなくそれを決められる!!すばらしいです それを淡々と見守るご両親もね ”学歴主義”との戦いは外野も力が入り これからが本番かも・・・です 心中お察しいたします ガンバ!!
Posted by むらさき at 2009年01月27日 11:19
ありがとうございます♪

「あなたが、主人公です。」そうですよね!!
次女の人生、次女が主人公。
自分で決めたところに行くのが、一番ですよね!

義母に泣きつかれて、落ち込んでいたのですが、
ちょっと、元気がでました。
ありがとう ^^
Posted by ちよこさんへ←ハナミズキ at 2009年01月27日 14:48
わぁ〜、むらさきさん、ありがとうございます♪

>これからが本番かも・・・
ホントにそうでした ^^;)
午前中、義母に
「昨日は泣いたよ。夜も眠れんかった。
 親がしっかりせんと!!」って、
背中をぱ〜んと、叩かれました(涙)

帰りの車の中で、なんで、私が叱られないといけないのぉ〜と、涙が出てきました。

でも、やっぱり、次女が自分で決めること。
塾にずっと行ってて、学校のことも、よくわかっているはず。
6年間は長いですものね。
次女が、納得のいく形で決められるよう、見守ります ^^
Posted by むらさきさんへ←ハナミズキ at 2009年01月27日 14:51
次女さん、良かったですね〜〜!
おめでとうございます。

行く道は次女さんのものですね。
見守りは、やっぱり、ちょっとハラハラもしますけど・・
希望が感じられますね。
Posted by ムスカリ at 2009年01月27日 18:14
やりたい事をやるのが一番!
Posted by マイク at 2009年01月27日 20:49
合格おめでとうございます!

ウチの妹も、無事合格する事ができて
家族でホッと一安心です。
制服の採寸日が待ちどうしくて仕方ないみたい。

お疲れ様でした!

おばあちゃん、スゴイ剣幕ですね。
行きたいところに行けば良いと思うんですが・・・。
受かったからには欲が出て大変ですね。
 
でも、次女さん、意思固いですね。
カッコイイです。
Posted by エミ at 2009年01月27日 23:12
ありがとうございます♪
昨日は、いろいろ、悩みましたが、
最終的には、自分の行きたい学校に
行く事にしました。

あとからの義母からの攻撃は怖いけど、
やっぱり、本人の道ですものね!
Posted by ムスカリさんへ←ハナミズキ at 2009年01月28日 08:02
>やりたい事をやるのが一番!

そうですよね。獣医になりたい次女は、塾の先生に、「共学の学校は、獣医はムリ」と言われて、
かなり、揺らいだのですが、今朝は、意志が決まったようです。

本人が、ちゃんと決めたことが一番ですよね。
Posted by マイクさん←ハナミズキ at 2009年01月28日 08:26
妹さんも合格されたのですね。
おめでとうございます!

次女の意思は、決まったようです。
おばあちゃんのところに、当分いけないかもしれないけど ^^;)

カッコイイって、言ってくれて、ありがとうね♪
Posted by エミさん←ハナミズキ at 2009年01月28日 08:29
合格おめでとうございます。

外野はうるさいですね。
でもご両親に揺らぎが無いことが一番。
その点、次女さんはめぐまれています。
また正しい選択をされたと思います。
そのことも含めて、門出をお祝いしたいと思います。

実はウチの長女も同じような状況で、逆の選択をして苦い結果になってしまいました。

第一志望の共学がダメで、第二の女子中、第三の共学に合格しました。
第二というのは本人がまわりに言われただけのことで、
本当は共学にも気持があったのに検討すらせず本人の意思を無視してしまいました。

なまじ親の気持ちを汲みがちなやさしい長女。
当然のように有名校に行かせてしまった私たち。

半年後不登校になってしまったときに、
学校に行くのは本人なのに、と後悔しました。

また外野のみなさんは、そうなったら、
どうして共学に行かせなかったのと言われました。
外野とはそんなもんです。

中学の合格がゴールではなく、長い6年のはじまりなのですね。

今では長女は、NZの学校にも慣れ楽しく生活しています。
しかし、あのとき長女の一番近くにいた母親であるわたしを、
自分自身許すことはないでしょう。
Posted by Arminn at 2009年01月28日 10:15
今日のブログに書いたように、昨日は、揺らぎまくりでした ^^;)

>中学の合格がゴールではなく、長い6年のはじまりなのですね。
それは、長女のことで、苦い経験をしているため、学校に行くのは、義母でもなく、親でもなく、本人と思い、本人の意思を尊重することができました。

Arminnさん、ご自分を責めないで下さい。
私も、長女だったら、間違いなく、女子校に行かせていたと思います。娘さんは、NZに行くために、そうなったんですよ。私は、そう思っています。だって、普通に学校に行ってたら、留学なんて、考えなかったですもの。

今、Arminnさんの言葉が、すごくすごくうれしいです。頭では、わかっていても、やっぱり、迷うのです。でも、よかったんだって、思うことができました。ありがとう♪♪♪
Posted by Arminnさんへ←ハナミズキ at 2009年01月28日 11:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。