2009年01月28日

追加合格候補

昨日、義母の家に行くと、また、懇願されました。

「頼むけぇ。親がしっかりせんと。
 もう、昨日は泣いて泣いて、夜、眠れんかったよ。」
「先生には、相談した? 先生も、女子校がいいって言うでしょ。」
「先生の質も違うし、レベルも違うしね。。」etc..

お客さんがこられていたので、取りに行ったものをとりあえず
受け取り、ニコニコ笑いながら、

「本人が決めることですから。」と逃げてきました。

さすがに、義母の攻撃が効いて、
小学生に判断させている親が悪いのか、10人聞けば、たぶん、10人みんな、女子校に通わせるところを、共学に行かせてよいのか。。。
モヤモヤとしてきてしまいました。

帰ったら、ナント、第1志望の学校の追加合格通知が。。
手続き締め切りの昨日の18時に、定員割れなら、電話がかかるとのこと。
電話がかかれば、すべてが解決するのに。。。と思いながら、待ちました。



待ちながら、次女と話し合いをしました。
おばあちゃんの意見を伝え、もう一度、女子校と共学校の違いについて、話しました。
塾の先生からも電話があり、
「獣医になりたいと思うんなら、女子校だよ。共学では、ムリだよ。」とはっきり言われ、
次女も、悩み始めました。

電話はかからず、時間も遅くなり、次女も、どうしてよいかわからなくなり、
ついには泣きはじめてしまいました。
もう遅いからと、一晩寝てから、結論を出すことに。

次女の中で、女子校、キリスト教というのが、ネックになっていて、その部分は、譲れないのです。
また、校風も、女子校と共学校とは、真反対です。
(女子校は、規則も厳しく、共学校は自由です。)

次女が寝たあと、私ももう一度冷静に考えて、手紙を書きました。

「○○が行きたいと思っている学校に決めて、OKだよ。
 どこに行っても、応援するよ。」

そして、受験が終わったら、プレゼントしようと思っていたキーホルダーを一緒に入れて、
部屋においておきました。

http://kamimi-room.at.webry.info/200812/article_8.html

朝、その手紙とキーホルダーを渡して、手紙を読み終わった頃に、
「気持ちは決まった?」と聞くと、「共学かな。」と一言。

自分で、ちゃんと決めたこと。
周りがどう言おうと、行きたいところが一番だよね。

親の少しの揺らぎが、子どもにすぐ伝わってしまうのだなと、今回のことで、再認識しました。

正直、こんなところで悩むとは思っていなかったけど、ちゃんと気持ちを聞けて、よかったです。
電話はかからないようなので、手続きに行ってきます。

当分、おばあちゃんのところには、行けないな。。。
posted by ハナミズキ at 11:25| Comment(14) | TrackBack(0) | 次女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おめでとうございます。
次女ちゃん偉いなあ。
大人の思惑に巻き込まれても
しっかり自分の考えを貫けるんだもの。
外野の矢面に立たれた
ハナミズキさんお疲れ様です。
ご主人も頼もしいですね♪

我が家は長男の中学受験の願いを
聞いてあげなかったことをとても後悔しました。
小学生でも自分をもっていると思います。
今度は絶対に聞く耳を持とうと思います。

Posted by u-たん at 2009年01月28日 11:38
今、u-たんさんのブログにコメント書いたところでした ^^
息子さんも、中学受験されたのですね。

私自身、小学校6年生の時に、かなり、意思が強かったので、本人の意思は、基本的には尊重しようと思っていましたが、小学生の意思は、ある程度、親の意思のようなところもあるから、今回のような判断をしたことが、義母にとっては、親の責任ということになり、責められて、かなり、へこみました。

せっかく、がんばったのに、喜んでもらえなかったことが、次女も、悲しかったみたい。

まあ、これですべてが決まるわけではなし、今は、次女の判断で、学校を決定したことでOKだよね。

ありがとう。これで、よかったって、思えました♪
Posted by u-たんさんへ←ハナミズキ at 2009年01月28日 12:00
いえいえ、長男は受験さえさせなかったの。
ほとんどが地元の公立中学に行くから。
野球の試合と重なったこともあるけど
そんな必要は無いのではって話して
親の価値観押付け全開でした。

何か感じるところがあっての考えだったのだろうと
今ならわかります。

それと無理なことなんて何もないと思いますよ。
夢は思い続けることでかなうものだと思うから。

Posted by u-たん at 2009年01月28日 13:30
長女は、受験してないよ。
一応、本人の意思を確認しましたけどね。
バレーと受験、どっちにする?って。
本人が、バレーを選んだので、受験はしませんでした。私も、それほど、受験する必要性は感じてなかったしね。小学校の時って、親の意思が、どうしても入るよね。それは、しかたないことだと思います。

>夢は思い続けることでかなうものだと思うから。

そうだよね♪ 次女にも、学校が大学に受からせてくれるんじゃないよ。自分で、勉強して、大学に行くんだよ。って言っています。
Posted by u-たんさんへ←ハナミズキ at 2009年01月28日 14:13
本当に、本当に、お疲れ様でした。

次女ちゃん、とってもよく頑張りましたね。
おめでとう。

ブランド意識、こればっかりは どうしようもないです。
学校の先生の質とか、評判も、子どもの数だけとり方は違うし、次女ちゃんが選んだ学校が、次女ちゃんにとって一番いいと確信しています。
今朝の手紙。
何よりも嬉しかったんじゃないかな?

塾の先生の「おどし」ともとれる言葉。
全然、気にする事ないよ。
次女ちゃんなら、大丈夫^^。

お姑さんも、次女ちゃんがキラキラと輝いて中学に通う姿を見ると、きっとわかってくれると思います。

今夜はケーキでお祝いしたいな。
Posted by りく at 2009年01月28日 14:36
学校はどこでも同じだと思います。
本人が一番楽しいと思える学校に行くのがいいですよ。
僕は今の所理学部の物理学科に興味があります。
今年ノーベル賞を取られた南部先生や小林先生、益川先生が研究している素粒子物理学や宇宙物理学に興味を持っています。
数式が出てくる学問は僕にとって最高です。
最近は読書に凝ってます。
数学や物理学の本を読み漁っていた時もありましたが、今は小説や武道の本を読んでいます。
空手の基本を今練習している所です。
娘さんの獣医の夢に少しでも近づけたらいいですね!
Posted by マイク at 2009年01月28日 20:02
よかった。
ほんとうによかった。
それだけの強い意志を持つお嬢さんならば、安心して送り出せますよね^^

Posted by チーター at 2009年01月29日 00:43
義母さんの押しの強さには、
嫁としては、かなり圧倒されますよね。
お疲れ様でした・・・

泣いて懇願か・・本当に、それがいいんだという
強い確信があるから、懇願するんでしょうし
それだけ、お孫さんのことを考えてくれてるのでしょうけど・・

次女さんの本当の気持ちを引き出せて良かったです。
さすが、ハナミズキさん!
Posted by ムスカリ at 2009年01月29日 09:55
楽しいサイトですね。ファンになっちゃいました。
価格比較に関する情報を載せたサイトを運営していますので、よかったら遊びにきてください。
Posted by ネットショッピング好き at 2009年01月29日 10:06
コメントありがとう♪♪♪
昨日のどんでん返しで、バタバタしていました。

ちゃんと、手紙で伝えることができたことは、
よかったです。
次女の中で、いろいろと、悩んだ結果を、親は実現するできたことは、よかったけど、しんどかったですね。

週末には、ケーキでお祝いしようかな。

Posted by りくさんへ←ハナミズキ at 2009年01月29日 16:11
物理学科ですか!
将来、ノーベル賞候補にあがるかもしれないのですね!!そのときは、ちゃんと、教えてくださいね♪
みんなに、自慢しちゃいます♪
素粒子物理学や宇宙物理学・・・いいですね。
聞いているだけで、ワクワクしてきます。
夢があるって、いいですね!
次女も、獣医になる夢をかなえる為に、いろいろ、考えているようです。
がんばれ〜! 若者たち♪♪♪
Posted by マイクさんへ←ハナミズキ at 2009年01月29日 16:14
義母さんが、懇願する理由も、わからなくはないです。
次女の本当の気持ち。。。これが、また、ひっくり返ったんですよね。

今回のことで、子どもの言葉だけで、すべてを判断してはいけないと、つくづく感じました。
氷山の一角のように、ただ、1部だけしか、表に出していないので、表に出したことが、その子の問題の100%ではない。
実は、表に出していないことが、悩みの原因だったりするんだなぁ〜って。

詳しくは、また、ブログに書きますので、見てくださいね♪

Posted by ムスカリさんへ←ハナミズキ at 2009年01月29日 16:16
はじめまして。

サイトを見たら、価格比較に関する情報ではなかったので、URLを削除させてもらいました。
ご了承くださいね。

Posted by ネットショッピング好きさんへ←ハナミズキ at 2009年01月29日 16:17
順番が前後して、ごめんなさい。
いつも、ありがとう♪

今回のことで、小学6年生でも、ちゃんと自分のことを、しっかり考えられるんだなと思いました。
いろいろ、ヒヤヒヤしたけど、SDKS、だいぶ、上手になったかな。
Posted by チーターさんへ←ハナミズキ at 2009年01月29日 16:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。