2006年05月12日

不登校児は、人間の進化?

「学校に行くこと」は、当たり前だと思ってました。少なくとも、高校までは、普通に行くのが常識だと。大学は、もしかしたら、行かないかも。。くらいは思っていました。

今日、ふと、思ったんです。今のこの常識って、どうやって作られたんだろうと。私たちの祖母の世代は、戦争世代。食べるのも必死で、子供たちが疎開している世代です。男の子は、戦争にかりだされ、女の子が勉強できても認められない世代での子育てでした。

そして、戦争が終わり、私たちの母の世代は、高度成長期。父親が会社で働き、母親は専業主婦。私たちは、学歴が高く、いい学校、いい大学に行けば、幸せになれると、みんな偏差値を気にしながら、一生懸命学校に通っていました。その時の常識が、私の常識です。結婚するときも、相手は「三高」(身長・収入の額・最終学歴が高いこと)がベスト!という時代でした。

今はどうでしょうか?先日、テレビでやっていましたが、女性のほうが5歳以上年上のカップルが、年々増えているそうです。女性が働きつづけることが普通になった今、自分らしくあるためには、年下のほうがよいと思う女性が増えたのではないかとのこと。必ずしも、いい学校、いい大学に行けば、幸せになるわけではないことは、もう、みんなわかっているはず。
世の中で起きる痛ましい事件の加害者は、「そんなことする人ではない」という普段はいい人が、突然、豹変して事件を起こしています。

子供たちは、本能的に感じているのかもしれません。一昔前の常識どおり生きることが、幸せへの道筋ではないことを。
何かの記事だったか、本の紹介だったかで、「不登校児は、人間の進化だ」っていうようなフレーズがあり、そうかもexclamation&questionと思ったことがあります。だから、今からの世代を生きる、子供たちの感性にまかせるほうがいいのかなぁと、今日、ふとそう思ったのでした。
posted by ハナミズキ at 19:39| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですね。私たち親の世代と時代が変わっているのに、育てられたように育てたのでは、今の世の中に合致しないのかもしれませんね。

親のこうあるべきという考えを子供に押し付けるのでなく、子供の生き方を見守る、応援する、というスタンスがただしいのかもしれません。

なかなかそのことに気づかないんですよね。
Posted by ふみごん at 2006年05月12日 22:40
「見守る」「応援する」その言葉がすべてですね。

頭ではわかってたつもりだったけど、私がしたほうがよいと思うすべてのことを否定された今、もう、そうするしかないんだなと、身にしみて感じているところです。
Posted by ハナミズキ at 2006年05月12日 23:30
人間の進化かぁ・・・
本当にそのくらいに考えないと、常識に縛られてる私には、子供が理解できないかも・・
理解も無理か・・・
でも、それでいいと許しあえるような親子関係ができると、この先、楽しめそうなんですよね。
学歴の常識も、なかなか手強いですね・・・
Posted by ムスカリ at 2006年05月13日 10:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17720828
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

三高
Excerpt: 三高三高(さんこう)とは、1980年代末のバブル景気|バブル全盛期の時代の日本に登場した流行語で、女性の一部が結婚相手に求めていた条件のこと。「高学歴」、「高収入」、「高身長」という3つの条件を指した..
Weblog: 結婚と家庭&生活
Tracked: 2006-05-20 01:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。