2011年06月18日

「また、必ず会おう」と誰もが言った。

自分がついた嘘のために、熊本から、ディズニーランドに行った高校生が、
帰りの飛行機に乗り遅れる。

途方にくれた少年の前に、救いの手を差し伸べてくれる人々。
その人の少年に話す言葉が、どれも、ほんとに深くて、素晴らしいのです。

この本は、いいです!
思春期喜喜で、悩んでいらっしゃる大人のみなさん、そして、
ぜひぜひ、立ち止まった子どもたちにもお勧めしたい。

感動の1冊です。




posted by ハナミズキ at 10:00| Comment(6) | TrackBack(0) | お勧めの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい本のようですね、さっそく注文しました。

次女も読みそうな気がします。
Posted by Amii at 2011年06月20日 00:17
Amiiさん♪

お返事遅くなって、ごめんなさい。

すぐに読める本ですけど、「ほんとそうだよね」って思えます。
人生の大事なことを教えてくれる本だと思います ^^
Posted by ハナミズキ at 2011年06月24日 20:25
早速、 注文しきのう、きょうとで家族3人が全員読みました。

1時間ほどで読めて、まるで映画を見ているようでした。

出会えてよかったです。
息子に送ろうと思います。
この作者の他の本も読んでみようと思います。
Posted by anne at 2011年06月26日 23:28
anneさん♪

さっそく、家族で読まれたのですね♪

わが家も、次女も主人も読みました。
小5の息子は、もう少し大きくなってから、読ませようかな。

男の子には、冒険も必要だなぁと思いました ^^
Posted by ハナミズキ at 2011年06月27日 00:14
読みました、最後まで。
わかりやすく読みやすかったです。

泣けました、泣きました。

一番最初にでてくるおばさんのコトバは、
こころにぐっときます。
これ、親は教えようとして教えられないわ、
こんなふうには。と思いました。

だんだんよそ様のお世話になるんだなあと思いましたし、
私はよそのお子さんに
おせっかいでも何かを言える大人でありたいと思いましたよ。

次女に送る荷物のなかに入れ、昨日送りました。
Posted by Amii at 2011年07月06日 19:55
Amiiさん♪

読まれましたか ^^

娘さんにも送られたのですね!
思春期に読んでほしい本ですよね。

とっても、大事なことを教えられる本だと思います。

ほんとにね。
自分の子、人の子と区別せず、同じように見守っていきたいです。
Posted by ハナミズキ at 2011年07月06日 20:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。