2011年10月12日

デコ電

私の携帯電話は、もうすぐ、3年目。
でも、新しく買うと高いし、機能的には、不満はないので、もう少し、使うことにしました。
表側の傷がひどくて、どうにかならないかなぁといろいろ検索していたら、
『デコ電』というものを見つけました。

20111012tel.jpgビーズなどで、電話をデコレーションするのです。

スワロフスキーのビーズなどで飾ると、材料費もかかるのですが、
普通のビーズなら、お安く手軽にできそうです。

早速、ビーズを貼るカバーとビーズを購入して、
飾ってみました。

キラキラして、傷も気にならなくなりました。
ちょっと、派手だけど……
posted by ハナミズキ at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

夏休み

ご無沙汰していました。

娘は、ミュージカルアニーのような髪型で
お盆前に、帰ってきました。

お盆には、両方の家の墓参りも済ませ、
家族で、ディズニーランドに行ってきました。

末っ子が、小学校5年生になりましたので、
一番歩くのが遅いのは、私です。

楽しかったけど、足が痛くて痛くて、つらかったですたらーっ(汗)

家にいる間は、次女と2人、ゲームのできる部屋にこもって、ゲーム三昧。

小5の末っ子は、
「大学生って、宿題ないの? いいなぁ〜」とうらやましがってました。

とにもかくにも、あと1週間。
みんなが元気で過ごせた夏に感謝しながら…… 夏休みの終わる日を指折り数えています。
posted by ハナミズキ at 15:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

アクセルとブレーキ

知り合いの息子さんは、ADHD+アスペルガーと診断されていて、
中学校でも、特別支援のクラスに入っています。

学校には、行くものの、すぐに帰ってきたりして、
なかなか、長時間は難しい状態です。

でも、普通にあって話をすると、本当に普通の男の子なのです。
相手のことを、気づかうようなこともできるし、
天真爛漫に見えるのです。

お母さんは、将来のことを、とても心配されていて、
社会で生活するためには、我慢も必要だから。。。と
どこまで、言い聞かせればよいのか、悩んでいらっしゃいました。

その子は、たぶん、自分のことをわかっていて、
自分が100%このままでいいという感情を持つことができません。
学校に行き、行けば、したくないことをさせられる。

でも、やりたくないから、なかなかできない状態です。

その子にとっては、思い切りブレーキを踏んだまま、アクセルをふかして、
やりたくないことをやらされている状態なのです。
自分の中のブレーキが、ぐぅ〜っと踏み込まれているので、
端から見たら、なんで、こんなことに時間がかかるの? ということでも、
とてもとても、大変なのです。


まずは、そのブレーキを踏まなくていいように、
自分で、そのブレーキを緩めることができるようにすることが先決なのです。

そのためには、その子の存在、その子のしたいことを、100%認めてあげること。
『僕は何をしてもいいんだ』 という安心感ができたとき、
はじめて、自分のしたいことを、ブレーキをはずして、アクセルだけで
進めることができるのです。


だから ……  親は、すべてOKと、本人が思えるまで、
「黙る」 ことが、必要なのだと思います。

渦中、「黙る」をしていたときには、そんなことはわからず、
ひたすら、自分の口出ししたい気持ちを抑えて、
アクセルを踏みたいのを我慢して、ブレーキを踏み続けてましたね。
親は、ブレーキを一生懸命踏んで、子どもの心に踏み込むのを
抑えないといけません。

つらいですけど、今思うと、やっぱり、「黙る」は、正解だったと思います。
posted by ハナミズキ at 21:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

ハッピーマザーズでい

昨日は、母の日。

日付の変わる10分前に、娘からメールが来ました。

ハッピーマザーズでい

いつも好きにやらせてもらって、助けてほしいときだけ
連絡するような娘でごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)

今の私は母さんがいてくれて、許してくれるからいる私だと思います。

再来週には本番で、次は、おばさんだよ。
よかったら見に来てください。遠いけどあせあせ(飛び散る汗)

いつも本当にありがとう黒ハート
大好きぴかぴか(新しい)


お金が足りない時と、物を送ってほしいときにしか、メールが来なかったのですが、
とっても、うれしいメールでした。

再来週、演劇の公演があるので、観に行きたいと思っています。
posted by ハナミズキ at 17:19| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

福島を応援する歌



今日、テレビでしていたので、さっそく、リンクします。

福島の人を応援した気持ち、いっぱいで、涙が出てきます。

応援してるよ。福島。
posted by ハナミズキ at 13:32| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

東北地方太平洋沖地震

ニュージーランド地震のすぐあとに、今度は日本の地震のことを書くことになるなんて。。。

東北地方太平洋沖地震は、M9.0で、95年の阪神大震災の約1450倍だそうです。

テレビは、すべて地震報道で、昨日は、地震発生からずっと、テレビから目を離せませんでした。

主人は、ちょうど東京に出張中で、幸い、宿泊したホテルは、停電もなく、普通に眠ることができたそうです。
昨日は、新幹線で無事に帰ってきました。

今まで、経験したことのない揺れだったそうです。

津波は、本当に恐ろしい。都市全体を飲み込んでしまうなんて、地震対策など、まったく意味のないほどのすさまじいものでした。

何かできることは。。。と思っても、何もできない。そんな無力感のなか、2人別々の友達から、チェーンメールが届きました。

関西電力から節電をお願いするようなメールです。
このような意味のないメールが飛び交うことで、大切な情報も滞ってしまいます。
どうか、チェーンメールに反応されることなく、冷静になりましょう。


僕たちの望むもの


今できることは、「不安」を増殖させることなく、まずは、自分のまわりの「安心」を大切にし、できることを1つ1つ丁寧にこなしていくこと。
その中で、地震にあわれた方へできることがあれば、していくことなのではないかと思いました。

いまだ、救助を待たれている方が、一日も早く救助されますように。
また、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。


今朝から、息子が熱をだし、39.5度まであがり、熱にうなされています。
たぶん、インフルエンザです。
早くよくなりますように。





posted by ハナミズキ at 17:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

ニュージーランドの大地震

昨日、ニュージーランドのクライストチャーチで、M6.3の地震が起きました。

テレビで見ると、中央の大聖堂が崩れ、ガレキだらけの街の様子が映されていました。
関西大震災のような、とても強い地震だったようです。

まだ、日本人がビルの中で、行方不明となっているそうです。

NZでお世話になったホストファミリーの方、先生方、エージェントの方、みなさんが大丈夫か、
とても心配です。

娘がいるときに、1度、クライストチャーチの近くで、大きな地震があったのですが、
その時は、被害はなく、大丈夫だったのですが。。

まだ連絡のとれていない方のご家族の方のお気持ちを考えると、他人事とは思えません。
1日も早く、救出されますよう、お祈りします。
posted by ハナミズキ at 08:14| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

あけましておめでとうございます

2011年になりました。
あけましておめでとうございますぴかぴか(新しい)

いつものように、主人の実家で、年末を迎え、新年あけてから、私の実家に行くお正月でした。
山陰のほうが、大雪で大変だったようですが、
こちらでは、寒かったものの、雪も積もらず、穏やかな年明けでした。

年末の紅白、今年は出場数が減ったということでしたが、じっくり歌も聴けて、
とてもよかったなぁ〜ハートたち(複数ハート)

「トイレの神様」結局、フルで歌いきりましたね。
じっくり聞くと、涙がとまらなくなってしまいました。

紅白を見てから、いつものように、神社で初詣。
おみくじをひくと、「末吉」でした。
家族それぞれ、みんな違って、娘は、「大吉」、次女「中吉」、息子「吉」、主人「小吉」と
ぜんぶの吉を出しました。ある意味すごいexclamation

いつもは、1日には、実家に泊まる子ども達ですが、娘2人は、2日の初売りに行きたいということで
一旦、家に戻り、また、2日に2人で、電車で実家に向かいました。
息子は、1日からお泊りです。

去年から、夫婦2人は、どちらの実家にも泊まらず、日帰りです。
犬やネコ、金魚に文鳥。。。ペットたちのお世話を理由にしていますが、
やっぱり、家が一番ですね。

今日で、お正月も終わり。
また、明日から、普通の日常が始まります。

今年もよろしくお願いします。

posted by ハナミズキ at 13:02| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

今年もお世話になりました!

残すところ、あと1日。
今年も、あっという間の1年でした。

娘が帰ってきて、にぎやかな年の瀬です。
帰ってきた日に、

「車のキー貸して。」と。

「この歳で、死にたくないよ〜。」という次女を乗せて、車で買い物に行きました。

電話がかかってきませんように。。。(事故ったら、電話がかかりますよね。)
と祈りながら、待つこと1時間弱。

無事に、帰ってきました。
家の車庫入れに、10分もかかったようですが、どこもぶつけずに帰還しました。

大学では、劇団に、バイトに、その他もろもろ、やりたいことを、やりたいようにしているようで、
学生生活を満喫しているみたいです。

今年も、気まぐれな更新にもかかわらず、来てくださってありがとうございます ^^

来年もよろしくお願いします。
posted by ハナミズキ at 16:49| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

メリークリスマス♪

今日は、クリスマス・イブですねクリスマス
どんなクリスマスをお過ごしですか?

夜には、一番下の息子に、サンタさんからのメッセージとプレゼントが届きます。

「サンタさんへ
  ○○をください。できるなら、○○と○○をください。
  無理しないで!毎年毎年ありがとうございます。」

と手紙に書いた息子に、サンタさんからのメッセージを英語で書きました。 

「メリークリスマス!プレゼントは、1つよ。」ってね。。

次女と一緒に考えて、次女から、筆記体を教えてもらって書きました。
筆記体、難しかったです。

少し前に紹介したブログの今日の記事を読んで、とっても温かい気持ちになりました。

http://blog.goo.ne.jp/namagusabose/e/a5f8df04a832403111215c8606628814

よいクリスマスを黒ハート
posted by ハナミズキ at 21:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

長女

このあいだ、ふと気づいたのですが、
周りは、み〜んな、次子なんです。

私の父は、4人兄弟の末っ子、母は、6人姉妹の末っ子。
義父も、お兄さんいるし、義母も、弟もいるけど確か、お姉さんがいたはず。。
(主人の親戚、未だ、把握していません。。)

でもって、主人も次男。。。ということは、
私と、娘だけが、長子なのですよ。

娘が小さいとき、泣かれるのが、どーしてもだめで、
「泣くのはやめて!」って怒って、余計に泣かせたりしてたなぁ〜。
たまに、そういうお母さんをみると、胸が痛みますたらーっ(汗)

これって、自分が泣きたいときに泣けなかったからなのかも。
自分が我慢してきたことを、我慢せずにすることが、許せないことが
娘のときには、あったなぁと思います。
自分がしてきたことは、子どももするのが当然って、無意識で思ってるんですよね。
それが、無意識だから、よくないのであって、
それを意識すると、許せない気持ちも、軽くなっていくような気がします。

2番目、3番目には、腹が立たないんですけどね。
ほんと、長子って、損だなぁと思います。

posted by ハナミズキ at 23:38| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

「人に子どもに光あれ」

昨日、うわさの富田富士也先生の講演会に行ってきました。

年配の方が多く、子育て現役の方が少なかったからか、
ひきこもりや、不登校のお話は、ほとんどありませんでしたが、
綾小路 きみまろのような語り口で、せつせつと訴えかけてくる言葉は、
胸の奥に、ビンビンと伝わってきました。

続きを読む
posted by ハナミズキ at 15:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

発表会・・・みたいな練習会

20101126piano.JPG「発表会・・・みたいな練習会」という、ピアノの好きな主婦のコンサートに行ってきました。

市のコンサートホールで、空いている時間を安く貸し出されているのに応募し、借りることができたので、いつもお互いに聞きあって、練習しているメンバーで、コンサートを開くことにしたのだそうです。

ピアノが2台あって、2人で弾く曲もあり、弾き語りもあり、また、はじめたばかりの人は、何度も同じ曲を弾いたり。。。と、ユニークな発表会でした。

その中に、今は、学校に行けていないYちゃんも参加していたのですが、さすが、コンクールで金賞をとるだけのことはあって、素晴らしい演奏でしたぴかぴか(新しい)

Yちゃんのお母さんも、エンターテイナーです。
歌が素晴らしく上手で、ピアノは、始めてからまだ、1年しか経っていないのに、とてもそうは思えないほど!
体の中からあふれ出る表現力には、感動です。まるで、綾戸智恵さんのような感じなのです。

私も、ピアノを習っていましたが、先生から言われたとおりを弾くだけで、音楽を楽しむことをしてなかったなぁ〜。
ピアノが大好き!と楽しんで弾いた曲は、その気持ちが伝わり、感動を与えるのだなぁと思いました。

「一緒に弾こうよ」と誘われているのですが、あまりのレベルの高さに、しり込みしてます。

最後にゲスト演奏ということで、小学校の役員で知っている方が演奏されたのですが、これまた、すごい!
中2でピアノをやめて、主婦になってから始めて、10年くらいになるらしいのですが、好きなことを続けるって、いいなぁ〜と思いました。

posted by ハナミズキ at 17:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

生きる力

先日、養老 孟司先生の講演会を聞きに行く機会がありました。
「生きる力」と題して、いろいろなお話を伺いました。

印象に残ったことをまとめてみます。

・昆虫が好きで、今でも、昆虫を探しによく山に行く。
  子ども達をつれて、大山に行くことがあるが、今のこどもは道からはずれない。

  お母さんが、危ないところに言ってはダメという教育の賜物。
  女の子は、1つのところにとどまって、そこを守るという習性があるが、
  男の子は、わからないところに行く「勇気」を持って欲しい。

・デフレの正体

  今、「景気が悪い」と言っているが、ただ、労働人口が減っているだけのこと。
  実際には、そこまで不景気ではない。

・仕事について

  仕事には、2とおりある。
   1つは、自分のための仕事。好きなこと。これは、「趣味」である。
   もう1つは、世のため、人のための仕事。
    世の中が変わると、仕事が変わる。
    その仕事のうちで、自分がどれをするか、というだけのこと。

    その人のために仕事がある訳ではない。仕事を私物化しない。

  今の人は、「自分にあう仕事がない」と言うが、「自分にあった仕事」というものはない。
  世のため、人のためにするから、お金になる。

・「誰も理解してくれない」のは当たり前。

  今の若い人は、「子どもの時、自分を理解してくれている」と思って育っている。
  わかってもらえないから、コミュニケーションが必要。
  
そのほか、医学のこと、歴史のお話などをされていましたが、難しい内容については、
あまり、印象に残っていません。

仕事については、当たり前のことなのですが、ちゃんと2つのことを分けて考えることは、
大事だなぁと思いました。
posted by ハナミズキ at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

もっと、怒ってよぉ〜!!!

今日、小4の息子が、おお泣きで、帰ってきました。

「どうしたん?」と聞くと
「かさが折れたぁぁぁぁ〜〜〜」(号泣)

母 :「なんで折れたの?」

息子:「友達をたたいたら、折れたぁぁぁ〜」

母 :「えっ〜?友達、たたいたん? その子、大丈夫だったの?」

息子:「ランドセルだから、だいじょうぶぅぅぅ〜」

母 :「傘って、どの傘?」

息子:「2000円のかさぁ〜〜。せっかく、買ってくれたのにぃぃぃ」

玄関にある傘を見ると、柄の部分がポッキリ!
ランドセルをたたいて、柄が曲がったので、直そうとしたら、折れたようです。

長い傘も、折りたたみの傘も、なぜか、すぐに壊れるので、
今回は、少し高い傘を買って、「大事に使ってね。」と言っていた、
プーマの2000円の傘でした(涙)

あまりにも、傘のことばかり、言って、「死にたいぃぃぃ!」とか言うので。。。

母 :「そんなに悪いことしたんだ。一番、何が悪かったと思う?」

息子:「傘を壊したこと。。」

ガクッときて、
母 :「あのねぇ。傘で友達たたいたのが、一番いけんでしょう。傘でたたいたら、
    怪我するでしょう。今までも、たたいたことあるの?」

息子:「ない。。でも、またするかもしれん。バカバカ!(と頭をたたく)」

母 :「傘で、人をたたいたら、いけんよ。わかった?
    叩いた人に、謝らんといけんよ。」

息子:「びぇ〜〜ん」

私は、言うことは言ったので、黙っていたら、

息子:「もっと、怒ってよぉ〜!!!」

もう、吹き出しそうになりました。
息子は、自己嫌悪で、どうしても、自分が許せなくて、吐き出しまくります。

息子:「もう、誰も許してくれん。この家から出て行くぅ!
    父さんも、お姉ちゃんも、こんな悪いことしたら、許してくれん。
    人殺しよりも悪いぃ!!」


母 :「そうなんだ。父さんも、お姉ちゃんも許してくれると思うよ。
    自分が許せないんだね。じゃあ、どうする?
    傘、2000円だから、お小遣いから、ひこうか?」

息子:「嫌だぁぁぁ!!!せっかく、苦労して貯めたのに。。
    50回くらい、叩いてやぁ〜」

    (息子は、毎日、お風呂掃除をして、1回50円もらっています。)

母 :「叩くのは嫌だなぁ。自分を許せんのでしょう。どうしたら、許せる?」

息子:「。。。。ノンノ(犬)の散歩を、再来週までする。」

母 :「わかった。」

息子:「でも、できんかったら、どうしよう。。」

母 :「どうする?」

息子:「1日延ばす。。」

母 :「わかった。」

息子:「。。。でも。。。もうお小遣い、マイナス1000万でもいいぃぃぃ。。。」
   (また、罪悪感が襲ってきたらしい。。。)

母 :「(笑いをこらえて)1000万なんて、母さんでも持ってないお金言わんでよ。
    じゃあ、2000円、ひこうか。。」

息子:「嫌だぁぁぁぁ!」(心の中で、爆笑!)

母 :「ノンノの散歩、再来週だから、父さんの誕生日までね。」

息子:「ケーキ、買わずに手作りする。ケーキ買ったら、母さんのお金がなくなるから。。」

母 :「母さんのお金は、母さんが考えるんよ。○○のお金は、○○が考えたらいいんよ。」

・・・・・(少し時間が経ってから。。)

息子:「母さん、やっぱり、ノンノの散歩、来週まででいい?」

母 :「・・・(まったく。。と思いながら)いいよ。」

もし、この子がはじめての子だったら、怒りまくっていたことでしょう。。

2000円の新しい傘が、また、2〜3回使ったことで壊れたのは、ショックでしたが、
腹が立たずに冷静に対応できるのは、3人めだからということもありますが、
いろいろと、学んできたからでもあります。

今までも、傘で、いろんなところ、叩いてたんでしょうね。
男の子って、ホントに、女の子とは、違う生き物だわ。。
posted by ハナミズキ at 17:39| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

フリーター、家を買う

最近は、韓国ドラマばかりで、日本のドラマは、ほとんど見てなかったのですが、
久々に、見ています。『フリーター、家を買う』

あのお父さん、すっごく腹が立つのですが、私の父も、似たようなところがあります。
そして、二宮演ずる息子は、弟に似ています。(顔ではなくて、境遇が。。)

続きを読む
posted by ハナミズキ at 17:44| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

20101026rainbow.JPG昨日の夕方の虹です。とっても、きれいでした!

ある方に。。。

「虹の輪の中に 龍神さまがおいでになりますね〜」と教えていただきました。

青空のところに、目が見えます ^^ 

小さな竜神さまは、虹の輪くぐりをされているそうです♪


posted by ハナミズキ at 15:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

岡山親会に行ってきました

行ってきました〜♪
とても笑顔の素敵なおじいさま。。。数え年80歳とは思えないほど、
お元気で、うちからの魅力あふれる平川先生のお話は、楽しく、
それでいて、とってもわかりやすいお話でした。

先生の話された内容を簡単にまとめます。

続きを読む
posted by ハナミズキ at 23:41| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

2つの柱

前回のカウンセラの先生の言葉で、「学校に行ってほしい」という気持ちとは別に、
「子どもを信じて見守る」という柱を作ればよいというのがありました。

子どもは、母親の中に、「学校に行ってほしい」という気持ちがあることを十分わかっています。
もし、仮に、完全に、母親の中から、「学校に行ってほしい」という気持ちが消えたとしても、
今の日本では、「学校に行くことが普通」であることを十分わかっています。

わかっているからこそ、それができないことに苦しんでいるのです。

一番身近の母親の中の気持ちが、

「学校に行ってほしい」(親の価値観) > 「信じて見守る」(子どもを尊重) と見えるときは、

自分は、信じてもらっていないと感じ、また、母親が行ってほしいと思っているのに、
それに答えられない自分に苦しみます。

「信じて見守る」(子どもを尊重) > 「学校に行ってほしい」(親の価値観) と見えるときは、

たとえ、母親の中に、「学校に行ってほしい」という気持ちがあっても、
子どもは、母親に信じてもらっているという安心感のなかで、自分のことをゆっくり考えることが
できるのだと思います。

大事なのは、母親の中にある2つの柱のうち、「信じて見守る」という柱を大きくする。。もしくは、見せることだと思うのです。

それを一番確実に子どもに示せるのは、やっぱり、『黙る』です。
母親に信じてもらえていると確信した子どもは、たとえ、自分がすることが、親の気持ちに反することでも、
「きっと理解してもらえる」と感じ、1歩踏み出すことができるでしょう。
posted by ハナミズキ at 19:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

思うのは自由

9月になりました。
次女も、学校が始まり、やっと長い夏休みが終わりました。

今日は、久しぶりにYちゃんのお母さんと話をしました。
Yちゃんが、学校に行かなくなって、ちょうど1年。
今は、家で絵を描いているそうで、とても元気に過ごしている様子でした。

先週、初めて、小児心療内科の親の会に参加されたそうです。
どうしても、「学校に行ってほしい」という気持ちが抜けなくて、
そのことが罪悪感でつらかったそうですが、
親の会に行って、みんな、そう思っていることがわかり、ほっとしたそうです。

カウンセラの先生に、
「親だから、学校に行ってほしいと思うのは、当然です。その気持ちを消すことはできないので、
それは、置いておいて、『子どもを信じて見守る』という別の柱を作ればいいのです。」
と言われたそうです。

感情は、自分で消そうと思っても消せないもの。
湧き上がってくる感情は、否定せず、そう思うんだなぁと思い切り感じる。
それが自分を大事にすること。
どんなふうに思おうと、その感じ方は、自由だと思うのです。

感情を一度受け止めてしまえば、その感情に固執せず、また、次の感情を感じることができるのですが、
その感情を受けとめず、そう思うことが「悪い」と思ってしまうと、
いつまでも、その感情に、逆に縛られてしまうのではないか。。。

うまく伝わればよいのですが。。

なんとなく思うのは、自分のありのままを受け入れることができれば、できるほど、
子どものありのままを受け入れる許容量が増えていくような気がします。
posted by ハナミズキ at 15:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。