2010年09月03日

2つの柱

前回のカウンセラの先生の言葉で、「学校に行ってほしい」という気持ちとは別に、
「子どもを信じて見守る」という柱を作ればよいというのがありました。

子どもは、母親の中に、「学校に行ってほしい」という気持ちがあることを十分わかっています。
もし、仮に、完全に、母親の中から、「学校に行ってほしい」という気持ちが消えたとしても、
今の日本では、「学校に行くことが普通」であることを十分わかっています。

わかっているからこそ、それができないことに苦しんでいるのです。

一番身近の母親の中の気持ちが、

「学校に行ってほしい」(親の価値観) > 「信じて見守る」(子どもを尊重) と見えるときは、

自分は、信じてもらっていないと感じ、また、母親が行ってほしいと思っているのに、
それに答えられない自分に苦しみます。

「信じて見守る」(子どもを尊重) > 「学校に行ってほしい」(親の価値観) と見えるときは、

たとえ、母親の中に、「学校に行ってほしい」という気持ちがあっても、
子どもは、母親に信じてもらっているという安心感のなかで、自分のことをゆっくり考えることが
できるのだと思います。

大事なのは、母親の中にある2つの柱のうち、「信じて見守る」という柱を大きくする。。もしくは、見せることだと思うのです。

それを一番確実に子どもに示せるのは、やっぱり、『黙る』です。
母親に信じてもらえていると確信した子どもは、たとえ、自分がすることが、親の気持ちに反することでも、
「きっと理解してもらえる」と感じ、1歩踏み出すことができるでしょう。
posted by ハナミズキ at 19:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

思うのは自由

9月になりました。
次女も、学校が始まり、やっと長い夏休みが終わりました。

今日は、久しぶりにYちゃんのお母さんと話をしました。
Yちゃんが、学校に行かなくなって、ちょうど1年。
今は、家で絵を描いているそうで、とても元気に過ごしている様子でした。

先週、初めて、小児心療内科の親の会に参加されたそうです。
どうしても、「学校に行ってほしい」という気持ちが抜けなくて、
そのことが罪悪感でつらかったそうですが、
親の会に行って、みんな、そう思っていることがわかり、ほっとしたそうです。

カウンセラの先生に、
「親だから、学校に行ってほしいと思うのは、当然です。その気持ちを消すことはできないので、
それは、置いておいて、『子どもを信じて見守る』という別の柱を作ればいいのです。」
と言われたそうです。

感情は、自分で消そうと思っても消せないもの。
湧き上がってくる感情は、否定せず、そう思うんだなぁと思い切り感じる。
それが自分を大事にすること。
どんなふうに思おうと、その感じ方は、自由だと思うのです。

感情を一度受け止めてしまえば、その感情に固執せず、また、次の感情を感じることができるのですが、
その感情を受けとめず、そう思うことが「悪い」と思ってしまうと、
いつまでも、その感情に、逆に縛られてしまうのではないか。。。

うまく伝わればよいのですが。。

なんとなく思うのは、自分のありのままを受け入れることができれば、できるほど、
子どものありのままを受け入れる許容量が増えていくような気がします。
posted by ハナミズキ at 15:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

夏休みも、もうすぐ終わりです。

あと1週間で夏休みが終わります。。やっと。。

今年の夏は、暑い!今年ほど、クーラーを使った年もありません。
太陽光発電つけておいて、よかったです。

娘は、結局、2週間いました。
髪型は、見るたびに変わり、ベリーショートにパーマをかけて、
男の子のようになっていました。

家族で1泊旅行に行ったり、海に行ったり、お墓参りに行ったり。。
家族で出かけない日は、友達と遊びに行ったり、次女とゲームしたり、
思う存分遊んでいました。

大学生はいいですね。夏休みの宿題、ないですものね。

昨年、夏休みの最後の日に泣きが入った次女は、今年は、計画的に宿題をすませ、
あと少しで終わるようです。
末っ子は、あいかわらず、お尻に火がつかないとできないようで。。。

とにかく、あと1週間!
あまりに暑くて、何もする気に起こらず、バテバテでしたが、あと1週間、がんばります。

posted by ハナミズキ at 21:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

命の授業

先日、スキーで頚椎骨折して、一時は、首から下はすべて麻痺の状態になった
腰塚勇人さんの講演会を聞きました。腰塚勇人さんのお話は、アンビリーバボーでも放送されたそうです。

首から下がまったく動かなくなり、死ぬことばかり考え、絶望だけの腰塚さんにとって、
周りの方の支えで「がんばろう」という気持ちになった、その言葉のいくつかを聞いて、
動けなくなった子ども達からのメッセージだと思いました。

それは、決して「がんばって」という言葉ではありませんでした。

献身的に、自分の体を心配して、手を尽くしてくれる看護婦さんの言葉や、
リハビリをする前に、いつも自分の状態を聞いてくれ、気持ちも聞いてくれる理学療法士さん、
絶対無理だと思われる時期に「現場(教師)にもどりたい」という言葉を、そのまま受け止めてくれた
学校の校長先生、そして、生徒たちの言葉。どれも、自分のことを考えてくれていると感じる言葉だったそうです。

http://www.youtube.com/watch?v=Qbsy4NEoTlU

http://www.youtube.com/watch?v=Z3Z__HhIyCw&feature=player_embedded

命について、心の奥底からの言葉に、感動しました。

そして、腰塚さんの言葉は、動けなくなった子ども達の声にも、ダブり、どういう大人になったらよいのか、
子ども達にどんなふうに寄り添えばよいのか、教えられました。
posted by ハナミズキ at 15:12| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

初公演

先週、娘の初公演を見に行ってきました。

初めて、大学の中にも入りました。
とても広くて、きれいなキャンパスです。

もみじ饅頭を差し入れに持って行き、一番前の席で見てきました。

大学の劇団とはいえ、お客様を迎えるスタッフは、きちんとしていて、
深々と頭を下げ、挨拶をする姿に、まず感動ぴかぴか(新しい)

娘も、けっこう、たくさんせりふがある役をもらっていて、堂々と演じていました。
まあ、早口で、よくかまないなぁと感心しました。
小学校のときから、唯一自信のある声の大きさを十分に生かして、とても楽しそうに
演じていました。

劇もとても面白くて、演出もいろいろ考えられていて、完成度は高かったです。
男の子が、みんなイケメンで、かっこいいのもよかったです黒ハート

そして、最後、演劇が終わった後、役者全員で、出てくるお客様に
「ありがとうございました〜!!!」って、めいっぱいの声で挨拶する姿に、
また、感動ぴかぴか(新しい)

こんな劇団に入ることができて、ほんとによかったね。
青春真っ只中のきらきらとした眩しい姿に、心から、うれしかったし、また、うらやましかったです。

夏休みは、いろいろ、予約することもあって、帰れるだろうという日程で、予定を組んでいたのですが、
「え〜っ! 10日も(!?)そっちにいるのぉ〜?」とブーイング。
まあね。大学になれば、家族と過ごすより、友達と遊んだほうが面白いよね。
posted by ハナミズキ at 10:24| Comment(8) | TrackBack(0) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

ひさしぶりの電話

朝、7時頃、娘から、久しぶりにメールが来ました。

「いきなり、ネット接続できなくなったんだけどあせあせ(飛び散る汗)

いくつか、設定とか、パソコンの状態とかを確認したけど、
パソコンには、問題なさそうなので、プロバイダの問題だと思うよということに。

夕方、今度は、電話がかかってきました。

「最近、ついてない! 自転車で、車とぶつかって、自転車が壊れた。友達に自転車貸したら、その友達も、自転車同士でぶつかって、自転車の修理に、2万円かかるって。
駐輪してはいけないのが、わかってたけど、停めてたら、もって行かれるし、インターネットは、つながらないしぃぃぃ。。。」


と、ぶちまけてました。
自転車乗り回しているようです ^^;)
電動付き自転車だから、バイクに近い。
ケガがなかったから、よかったものの、あぶないなぁ。

その日の夜、インターネットは無事つながりました。
やっぱり、プロバイダの問題だったみたいです。

そして、今日。

「なんか、父さんからコンタクトを送ってもらったんだけど、2箱のうちの1箱が、シンガポールに送り返されてるらしい。
送料も、取られるし、2箱来るなんて、聞いてないし!!!」


とお怒りの電話。

コンタクトレンズは、本来、処方箋を出してもらって、その処方箋をもって、お店で買うものですが、インターネットで、海外から取り寄せると、処方箋なしで、買えるらしいのです。
主人が、それを送ったそうなのですが、その1箱が、シンガポールに送り返され、その送料分も払わないといけないらしく。。。

せっかく、安く買っても、送料で余計に高くなるし。

不在票2枚届いていたらしいのですが、1箱着たので、それで2枚とも、不在票を捨てたらしいです。

その後、連絡があり、大阪国際空港でなんとか、引き止めて、再び、郵便局の京都北支店に戻すようにしてくれたらしいです。
やれやれバッド(下向き矢印)

何事も経験だけど、最近は、痛い目にあうことが多いらしく、世間の厳しさを、もろに受けているようです。

なんのかんのと言ってますが、大学生活は、満喫しているようです。
posted by ハナミズキ at 15:16| Comment(7) | TrackBack(0) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

シンプルに。

4月にリファーさんから、紹介された「人生を変える一番シンプルな方法」を読みました。
一度、図書館で借りていたのですが、そのときは、あまりにも忙しくて、全部読めずに
返してしまっていたのです。

また、少し時間ができたので、もう一度予約しました。
一緒に、何気なく手にとった本が、「シンプルに片づけて毎日スッキリ心地よく暮らす」。
別に、「シンプル」という言葉にこだわってたわけではなかったのですが、
偶然にも、両方に「シンプル」という言葉が入っていて、読むうちに、共通するところを見つけたのです。

「人生を変える一番シンプルな方法」では、
自分の中にある感情があることを認め、次の質問に、「はい」またが「いいえ」で答えていきます。

・この感情をできるだけ認めることができますか?
・それを手放せますか?
・手放しますか?
・いつ?

最初に読んだときは、この方法がよくわからなかったのです。

でも、食器にたとえるとどうでしょう?


「シンプルに片づけて毎日スッキリ心地よく暮らす」に、
『生活のごちゃごちゃした感じは、ワンポイントとか、統一感のない柄物が多いため。
タオルも、白、食器も白にすると、それだけで、シンプルになる。』と書かれていました。

なるほど〜と思い、白いお茶碗と、白い小皿を買いました。(単純 ^^;)

そして、今ある食器を、1つ1つ見てみたのです。
・この食器が要らないことを認めることができますか? … はい
・それを手放せますか? … はい
・手放しますか … はい
・いつ? … 次のゴミの日に 

ということで、いくつかの古い食器は、捨てられ、その代わりに新しい白い食器が並び、
とってもすっきり♪

その古い食器を持っていたのは、「もったいないから」とか、「景品でもらって、なんとなく」で、
自分が好きで使っていたわけではなかったのですが、それでも、そこに置いていることを選択していたのです。
でも、好きでないものを置いておくことで、なんだか、ごちゃごちゃした感じになっているのですが、
普段は、それが、「要らない」ということに、気づかないようにすごしているんですよね。

心の中も、そんなものじゃないかなぁと。

心の中が、もやもやしているのなら、その感情を、そのまま出して、その感情があることをまずは、認めること。
そして、それを、「手放せますか?」と自問自答し、「いいえ」でも、「手放せないということ」を認めること。
そうしていくうちに、そのもやもやを、解放することができるのです。

頭で、考えてるうちは、わかりませんでしたが、実際に、やってみると、意外と簡単かも。と思ったのでした。
posted by ハナミズキ at 13:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

理系 × 理系 = 文系 !?

私も、主人も、理系です。
私は、理系と言っても、物理がわからないので、
純粋な理系ではないかもしれませんが。。

でも、親が理系だったら、子どもも理系と思ったら、
大間違いでした。

娘は、文系。小論文得意で、しゃべるのも達者です。
次女は、たぶん、理系っぽいのだけど、「数学嫌いだぁ〜!!」と叫んでおります。
そして、長男。この子は、お金の計算は速いので、理系だと思ってたけど、なんとなく、文系っぽい。
というか、算数が、あまり得意でないかも。。。

そういえば、私の父は、歴史が大好きで、いっぱい歴史物の本が並んでおり、母も、間違いなく、理系ではありません。

こういうのって、隔世遺伝なのかも。
ということは、孫は、理系なのかしら。

そうそう、娘が、新歓コンパで、お酒を飲んで、
「お酒強いかも」って言ってました。
この間、アルコールのパッチテストしたら、長男は、まったく赤くならず、飲めることが判明。
(私は、10分で、赤くなりました。)

父は、大のお酒好き。でも、私たち兄弟は、3人とも、ほとんど飲めません。
娘が飲めるという話をしたら、父は、一緒に飲んでくれると、喜んでいました ^^
posted by ハナミズキ at 21:02| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

便りのないのは、元気な証拠

自分が大学生だったときを考えると。。。

親のことなんて、ほんとに頭になかったように思います。
急に大きく広がった大学生活の中で、ただただ、必死で泳いでいたような気がします。

今、娘は、そんな状態なんだろうな。。
メールをしても、返信もこない。
チャットで呼びかけても、必要なことだけ。
こうなると、ちょっとさびしいけど、自分の大学のときを思えば、
そんなもんかなぁと思います。

「便りのないのは、元気な証拠」

そう言い聞かせる今日このごろ。
posted by ハナミズキ at 15:57| Comment(8) | TrackBack(0) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

ご無沙汰してました。

気がつけば、1ヶ月、ブログを更新していませんでしたあせあせ(飛び散る汗)
ご無沙汰してました。

昨年からですが、小学校のPTAをしており、4月、5月は、いろいろと忙しく、すごしておりました。

ゴールデンウィークは、家族でユニバーサルスタジオに行きました。
娘も、現地で合流し、思う存分楽しんできました。
2日めは、太秦の映画村に行きました。
プロの方の演技は、すごいですね!
レンジャーものや仮面ライダーのフィギュアも、いっぱいあり、
子どもたちも、大喜びでした。

ケーキバイキングを食べたいと、娘が調べていたのですが、
予約をしてなかったので、そのお店に入れず、残念でしたが、
その近くのお店でケーキを食べて、帰ってきました。

車での往復だったので、体力的には、かなりしんどい旅行でした。
次は、新幹線で行きたいな新幹線

ゴールデンウィークのあとは、娘からも、ほとんど連絡なく、
必要なことだけ、メールで届くのみ。

7月には、新人も劇に出られると聞いているので、
次の公演には、見に行きたいなと思っています。
posted by ハナミズキ at 16:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。